☆神戸人ぶってたけど大阪人の血が脈々と流れていることを自覚せずにはいられない☆


d0035397_12101340.jpeg
ちょうどのかおり・・・青のり
*===*===*===*===*===*===*


きのうまで何日、名古屋の百貨店で
名古屋マダムンのみなさまに
お顔のお手入れをさせていただいておりましたよ


お招きくださっているスキンケアメーカーさんのご配慮で
「まずは、トリートメント巡業の復帰トライアルで」と
先月は、新幹線に乗らなくてもよい大阪のあちらこちらの百貨店で
施術をさせてくださいました
そこでだいじょうぶやったから、ほな、名古屋場所へ…と


そして、今回の名古屋の百貨店でも
お手入れ人数を考慮してくださったり…
それにお客様はとっかえひっかえ
あたたかなうれしい言葉のシャワーをくださるし…


あっちのはしっこからこっちのはしっこまで
至れり尽くせりで
ほんとうにありがたいです
夏は、突然に、いただいていたお仕事をドタキャンして
大変なご迷惑と、ご心配とをいただいた、にもかかわらず…


ありがたい、にもほどがある、とゆーものですよ




お客様だったり、お友達だったり…に
なんで手術をすることになったのか
なんで俊足で復活できたのか
を、やっぱりみなさん、きょうみしんしんに聞いてくださるので
なんどもなんどもおなじくだりをおはなししているのですが


おはなしするごとに、おもろなってる…(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎


自分の中で、なんどもはなすから整理できていくんでしょうね
こうゆういいまわしをしたほうが、おもろい!
と、小ネタをはさみこむ余裕ができてきましたよ


ついつい…


これはきっと
幼き日々、まだわたしたちが小学生中学生のころは
土曜日は半日授業があり
学校からおうちにかえると
おかんに「たこやきこうといで」と¥500にぎらされ
近所のたこやさんにちゃりっと自転車で弟の分とを買いに行き
全部売り払ったあとで、「今から、焼きます」みたいなときは
吉本新喜劇のスタート時間が気になって気になってしかたがなく
焼きあがると、いちもくさんで立ち漕ぎで帰り
ほくほくはふはふいいながら、弟と
新喜劇をみながら、たこやきをたべる
という、毎週のルーティンの中で
大阪人は、いろいろと養われるのでしょうね


どんな習い事よりも、いちばんつづいた
土曜日のルーティン


これからも、手術のおはなしをするたびに
小ネタが繰られていくものと思われます


きょうのおひるは、たこやきにいたしましょうね




きょうもあなたが植物のかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちになりますように

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
→ 神戸岡本マミーセラピー:ホームページ ←
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by kobe-aroma | 2017-12-18 06:00 | *シアワセノアンテナ
<< ☆神さまの荒技で、ゼロになる☆ ☆この手のひらがあれば☆ >>