☆神さまの荒技で、ゼロになる☆

d0035397_13395079.jpeg
ちょうどのかおり・・・パチュリ
*===*===*===*===*===*===*



月にいちど、おうちにお招きいただき
お顔のお手入れをさせていただいているお客様のもとへ
手術以来、はじめておうかがいをしましたよ


今回は、ハンドマッサージをさせていただきましたよ


その80代のお客さまとおはなしすると
年齢を重ねていくことが
たのしみでたのしみで仕方がなくなります


長年、フランス🇫🇷にお住まいだったこともあり
女性は、歳を重ねていくごとに美しくなる、というお考えをお持ちで
そのおはなしがとても、気持ちよくて


わたしなんて、まだまだ、小娘です



手術とその後のおはなしになり
お医者さまから、歩けるようになるには
数年かかる、かもしれない
と言われていたの
マッサージテーブル
スチーマー
そのたあれとこれと
施術に必要な一式を
お譲りしてしまいました

また、再開できるときまで、保存しておく場所もいるし
そのときは、心機一転であたらしいものを買おう、と


でも、こんかいのようなことがなければ
すべてを手放し、ゼロになる、ということは
きっとなかったので
神さまは、かなりぎりぎりの荒技をお使いになったけれど
いちど、わたしの大切なものをてばなし
ゼロになる時間、をくださったのだと思う


だから、この時間の意味を思い
次、サロン業を再開するにしても
早急にして以前と同じことをするのではなく
ゼロになったからできること、を味わい、かおり、ふれ
それから、再開をしよう、と思います


というきもちをおはなししたら
「それはいいことですよ
どんなちいさなことにも、意味がある
つまずきもくるしみも、それは瞬間のことであって
そこからは、どう良く生きるか、を考える
ひきづらない
わたしもそうして生きてきましたよ
あなたにはすばらしいてのひらと技術がある
これからきっともっとすばらしくなられるわ」
と、うちょうてんにしてくださいましたよ


おだてられて伸びるタイプなので、だいぶ伸びましたよ
(๑˃̵ᴗ˂̵)




おうちにかえると、母に、サイン、ではなく
お習字ごとを頼まれて
墨をすりました


墨汁をつかうのもてっとりばやくていいけれど
時間があるときは、こうして
ゆっくりと硯と墨とむきあう
さーさーさーと、硯と墨の擦れ合う音
そして、少しずつ、ねっとりと粘度をまし、光沢をおびていく色
深まっていく、パチュリ様のかおり


筆は持っても、習っていたのははるか昔なので
いつのまにかすっかりと自己流となり
出来栄えは、沈黙ですが
このお時間は、日常をリセットさせてくれる
心を無にさせてくれる
ありがたい、しあわせなお時間です



きょうもあなたが植物のかおりにつつまれて
ちょうどにステキないちにちになりますように

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
→ 神戸岡本マミーセラピー:ホームページ ←
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by kobe-aroma | 2017-12-22 06:24 | *シアワセノアンテナ
<< ☆冬至明けのセルフトリートメント☆ ☆神戸人ぶってたけど大阪人の血... >>