波平さんが寿司折りをぶらさげて帰るわけがわかりました。

d0035397_1139350.jpg




仲良しのH嬢行き着けのワインショップへ。
ワインもお食事もお味はたいそうにおいしかったのですが。

わたしは嗜む程度に。
めずらしいでしょ。
実は先週の金曜、密かにスーパー波平さんになったのです。
お友達が出張で三ノ宮へ来ていたので、
飲みにつれてってもらいました。
さんざんさんざん波平さんに波平さんを重ね、バイバイをしたあと、
なんでか前に住んでいた芦屋のマンションに帰っていました。
なんでや?
あまりのあほさに衝撃的で、
1週間経ってもその余韻覚めやらず、
昨夜はさすがにセーブしてしまったのです。


H嬢はわたしのグラスも手にとり、
「わたしが飲むわ。」とたいそう男前。

あんのじょう、お友達のH嬢はかなりなスピードで千鳥足に。
目を離したすきに、となりのテーブルのおっちゃんチームと合流し、
「2次会や〜」なんてことになっています。
・・・H嬢。
わたしにもにこにこに
「おっちゃんらが次の店、ごちそうしてくれるって!うふっ。」とか。
H嬢は千鳥足どころではないくらいの波平さんなのに、
これ以上何を飲もうというのか。
結局はおっちゃんたちに、
「きゃぁ〜。うれしい。でも今夜はもう時間も遅いので。
 せっかくなのに残念やわ。。」
という優等生なセリフを残し、
名残惜しそうなH嬢をひきずり出しました。

ただのお友達ならそのまま基地へ連れて帰って
次の朝にほうりだせばいいのですが、H嬢は嫁でありオカン。
この状態で、発送するのはダーリン&おこちゃまにもうしわけありません。
「らいじょ〜ぶ、らいじょ〜ぶ♪」
というH嬢は、決して、らいじょ〜ぶであり、大丈夫ではありません。
「たんたん麺食べたい」と、
どえらい的の狭いオーダーを発するH嬢を
サンマルクへ連れて行き、お休みさせることにしました。
「きゃは〜」「おもろい!」
とか、完全に波平さんです。
波平さんになったときにしか見えない小人と会話しています。

ひとりで帰らせるのが心配でしかたなかったので、
ついて行こうかと言ったのですが、
「らいじょ〜ぶやれ!」
と明るく言い放つ波平さんの意を尊重することにしました。

ダーリン&おこちゃまにもうしわけなく、
チョコクロをおみやげように買い、H嬢のバッグにつめこみました。

そのとき、ひらめきました。
「こ・れ・や!!これが、波平さんがぶらさげている寿司折りや!」

H嬢はごきげんさん甚だしく、右に左にゆれながら
ニコニコ帰って行きました。
ちゃぁんとおうちについたようなのでよかったです。
もちろん、遠くの駅まで遠征したらしく、
豪華にタクシーでご帰還したらしいけど。

人生初に、介抱される側からする側になれて、
波平さんの寿司折りの秘密もちょびっとわかったのでよかったです。


H嬢、楽しかったね。またいこね。
ダーリン&おこちゃま、今後ともよろしくね・・・。

         


          いつも応援クリックをありがとうございます。d0035397_0454337.gif
[PR]
by kobe-aroma | 2006-03-25 11:39 | *シアワセノアンテナ
<< 壊れたのでスエットのままでおど... こんなオカンになりたい。 >>