おばあちゃん、ありがとう。

d0035397_12352396.jpg




8.09
きょうは長崎に原爆がおちてちょうど63年目の日。
63年前のたった今ごろ
あの街でおばあちゃんはどんな想いでいたんやろう。
なにを見ていたんやろう。
なにが聴こえていたんやろう。
どんなかおりがしたやろう・・・。

わたしは今、神戸の高台にあるサロンの南向きのベランダから
神戸の海とそのむこうにうっすらと大阪の街
そしてまわりには山のみどりたちが見えているよ。
しあわせそうに鳥が飛んでいるよ。
ウクレレがここちいいハワイアンの音楽がながれているよ。
大好きなラベンダーとオレンジとバジルのかおりをくゆらせているよ。


2月におばあちゃんにあったとき
すっかりおふとんのなかにいたのに
ひさびさの娘と孫の登場にあんなにもよろこんでくれて
おふとんからとびだしてきて
あっちもこっちもご案内してくれたね。
それはそれはおしゃべりに。
それはそれは大笑いに。

あれからしばらくして入院したんやね。
毎年欠かさず参加していた平和公園での原爆忌も
今年はベッドの上でおいのりかな。
おばあちゃん、今、窓の外に何を見てる?
おばあちゃん、しんどい?くるしくない?
おばあちゃん、なにもできなくてごめんね。
でもね、おばあちゃん、わたしはおばあちゃんが大好き。
大好きで大好き。
どうぞ、きっと、ベッドの上でも
あの大笑いであの笑顔であのおしゃべりでにこにこでいてね。
しあわせでいてね。
また、あいにいくね。
ありがとう、おばあちゃん。

[PR]
by kobe-aroma | 2008-08-09 11:02 |     ・・長崎
<< 青森のりんごの ローズマリーのせっけんをつくったよ。 >>